大阪東住吉区駒川【天野整形外科】スポーツ外傷・障害、膝関節疾患、側弯症、リウマチ、骨粗鬆症の専門医が診療し、メディカルリハビリ・アスレチックリハビリ(治療からスポーツ復帰まで)の指導にも対応いたします。

診療のご案内

診療内容

整形外科

整形外科とは、身体の運動器のケガや病気を治療する診療科です。運動器は全身の骨や関節とその周囲の筋肉や靭帯、腱からなっており、中枢・末梢の神経に支配されています。これらのケガや病気が整形外科の治療対象です。
整形外科の治療はケガや病気をなすだけではなく、リハビリテーションなどにより運動機能をできるだけ元の状態に回復させることが目的です。しかしながら、元の状態に回復しないこともあります。そのような場合でも、リハビリテーションを行うことにより残っている機能を最大限に引き出し日常生活の質をあげることを目指します。

一般整形外科

一般整形外科ケガに伴う骨折・脱臼や肉離れ、捻挫、打撲などの急性疾患から肩こりや腰痛、肩・首の痛み、歩行時の膝の痛みや下肢痛・痺れなどを治療します。また、痛風などの内分泌疾患、運動器感染症、運動器腫瘍性疾患、運動器の先天性疾患など新生児から高齢者まで幅広く診療いたします。

ロコモティブシンドローム(通称:ロコモ)

ロコモは骨、筋肉、関節、椎間板などの運動器がいずれかあるいは複数が障害され,「立つ」「歩く」といった移動機能に支障をきたす状態を言います。日本が超高齢化社会を迎えるにあたり2007年に日本整形外科学会が提唱しました。ロコモの進行は介護の必要性が高くなります。
ロコモは予防と早期発見・治療が重要です。特にリハビリテーションは重要な治療の一つです。お気軽にご相談ください。

スポーツ整形

スポーツ整形スポーツによる障害や外傷(ケガ)をおったスポーツ選手・スポーツ愛好家を治療します。一般の整形外科では日常生活を問題なく送れることが治療のゴールになりますが、スポーツ整形ではより早く、元の活動レベルの競技復帰を目指します。
当院では早期に診断し治療方針をたて、必要に応じてメディカルリハビリテーション、アスレチックリハビリテーションを進めていきます。手術が必要な場合は、大阪労災病院スポーツ整形外科、大阪大学スポーツ整形外科、正風病院スポーツ整形外科と連携し適切な治療方針をご提案します。
またスポーツ整形では、障害・外傷予防の啓発も大きな仕事の一つです。チーム・選手のメディカルチェックや中高年のかたの健康スポーツに関しても非常に重点が置かれています。当院では様々な競技の現場で活動している医師や理学療法士、アスレチックトレーナーが在籍しています。お気軽にご相談ください。

関節リウマチ

関節リウマチ関節リウマチは、免疫の異常により様々な関節に腫れや痛みが出現し、それが長期に続くと関節が変形する病気です。30歳~50歳で発症することが多いですが若年者や高齢者でも発症することがあります。女性は男性の3〜4倍多く発症すると言われています。
近年多くの新しい薬が開発され、臨床で使われるようになってきました。早期に診断し、適切なお薬を使うことで痛みや腫れがなく、発病前と同じ日常生活を送ることができます。

脊柱側弯症

脊柱側弯症脊柱側弯症とは、背骨(脊柱)が左右に曲がりねじれも加わる状態です。生まれつきや全身の病気に伴う側弯(症候性側弯症)もありますが、多くの側弯の原因は不明(特発性側弯症)です。学校検診で指摘されるのはこのタイプが多いです。変形が軽度であれば装具を用いて治療しますが、重度の場合は手術が必要になることもあります。
当院では大阪労災病院整形外科脊椎外科クリニックと連携し、手術治療を含め治療方針を決定します。成人の脊柱変形や変性側弯症についても大阪労災病院整形外科脊椎外科クリニックと連携していますので、お気軽にご相談ください。

骨粗鬆症

骨粗鬆症骨粗鬆症は骨の構造が脆くなり、簡単に骨折をしてしまう病気です。自覚症状が現れにくいですが、いつのまにか骨折が生じていることもあります。骨折する部位によっては日常動作に支障をきたし、健康寿命が短くなります。
診断は骨密度を測定して行います。女性ホルモンが骨の新陳代謝に関わっているため、閉経をむかえる50歳前後の女性は骨量が急激に減少します。60歳代では2人に1人、70歳代では10人に7人が骨粗鬆症と言われています。自覚症状が現れにくいですが、骨密度を測定し早期に適切な治療を行うことで、骨折を予防することもできます。
当院では骨密度測定を行っていますので、お気軽にご相談ください。

リハビリテーション科

リハビリテーション科リハビリテーションとは“元の状態に戻す”という意味があります。整形外科は運動器の機能回復を目的としていますが、リハビリテーションはその治療の中で非常に重要な役割を持っていて、機能を戻す、または残った機能を最大限に引き出すということ目指しています。
当院では手術(前)後やケガの直後、病気が悪化した直後である急性期、日常生活動作の向上や社会復帰を目指す回復期、維持期を一貫して行います。
また、患者様の病状や目的に合わせて、日常生活動作の「立つ、歩く、座る、買い物に行く…」などができるようになることをゴールとする一般のリハビリテーション(メディカルリハビリテーション)やスポーツ復帰を目指すスポーツリハビリテーション(メディカルリハビリテーションとアスレッチクリハビリテーション)を行っています。
当院の理学療法士とアスレチックトレーナーが共同して患部と患部外のトレーニングや競技動作(投げる・走る・飛ぶ・キックなど)の指導を行います。
これにより、ケガをする事によるパフォーマンスの低下を防ぐとともに、ケガの再発を防ぎます。

クリニック情報

診療時間・休診日

診療時間
 8:50~12:00
16:00~19:00

☆…15:00~19:00(15:00~17:00 側弯症専門外来・予約制)

休診日日曜、祝日

アクセス・地図

〒546-0043
大阪市東住吉区駒川4-1-5

大阪メトロ・谷町線「駒川中野」駅より徒歩約3分
近鉄南大阪線「針中野」駅より徒歩約8分
JR阪和線「南田辺」駅より徒歩約15分
大阪メトロ・御堂筋線「西田辺」駅より
大阪市営バス8分(駒川バス停下車スグ)

お気軽にお問い合わせください

TEL:06-6692-5437

専用駐車場2台分(①②)ございます。
専用駐車場が満車の場合は、地図内のコインパーキングをご利用ください。200円分負担いたします。

多種多様なリハビリ機器|様々な疾患に対応できるように多種多様なリハビリ機器を揃えています。詳しくはこちら 私達と一緒に働きませんか?採用情報|詳しくはこちら よくあるご質問|詳しくはこちら ドクターズ・ファイルに掲載されました|詳しくはこちら
診療時間・休診日 アクセス・地図
PAGETOP
Copyright © 2019 天野整形外科 All Rights Reserved.
インターネット初診受付はこちらインターネット初診受付はこちら ページTOPへ戻る